ウォーターサーバー

トップ > コラム > 日本の水道水は安全か

日本の水道水は安全か

日本は他の先進国と比べると、とても水に恵まれた国だといえるよね。

蛇口をひねればいつでも水が出てくるし、その水で顔や体を洗ったり、飲むことだってできる。

日本では当たり前のことだけど、海外旅行に行ったりすると、これがどれだけ有り難いことだかわかるはず。

日本の水道水は水道法で厳しく管理されていて、塩素によって殺菌されて飲んでも大丈夫なようにしてあるんだって。

ただ、塩素処理をした水には一定値の塩素が残っていて、これは細菌の繁殖を防ぐのには必要だけど、健康には良くないと言われているみたい。

水道水だけじゃなくて、水道水が通ってくる水道管の鉛も人体に良くないんじゃないかと言われているみたい。

水道法で水道管に鉛を使用することは禁止されているけど、古い水道管を使用している区域では鉛を使っているところもあるみたい。

鉛は水に溶けやすい上に体内に残りやすい。
体内に鉛が残ってしまうと、頭痛や消化管障害、他にも不眠や疲労感など人体に様々な悪影響を及ぼすんだって。

水道水の残留塩素には独特な臭いのカルキ臭と、発がん物質のトリハロメタンも含まれている。

環境破壊が激しくなるにつれて、水を殺菌する塩素の量が増えると、塩素処理の濃度が高まって、これが大きく人体に影響を与えるんじゃないかと心配されているみたい。

カルキ臭やトリハロメタンを除去する方法はいくつかあって、例えばカルキ臭なら、2~3時間汲み置きしておくだけでほとんど臭みは抜ける。

トリハロメタンはオゾン殺菌や煮沸消毒、浄水器を使うことで除去できるけど、特別な施設や器具が必要だし、手間がかかる上に確実に殺菌できるとは言えないみたい。

これらのことから、日本の水道水が安全だとはいえないことがわかるね。

コラム

前の記事 | 次の記事

関連記事
FX業者