ウォーターサーバー

トップ > コラム > 天然水とRO水の違い

天然水とRO水の違い

ウォーターサーバーを利用する時に、天然水とRO水のどちらにしようかと迷う人もいるはず。

天然水とRO水の違いだけど、まずは天然水。
これはよく耳にするけど、人間が手を加えることなく、自然にろ過されたミネラルが豊富な水のことをいうみたい。

ミネラルウォーターと同じように思いがちだけど、ミネラルウォーターは人が手を加えてできた水だから違う物。

でも、ミネラルウォーターには天然水を原料にしているものや、天然水を加工したものもあるから、一概に違うとはいえないかもね。

日本で最も天然水が採れるのは山梨県、次に静岡県だって。
山梨と静岡で採れるのは富士山の水だけど、ここの湧水は殺菌しなくてもいいくらいクリアで、需要が大きい。

RO水はというと、RO膜という2ナノメートル以下の小さな孔でろ過した水のこと。

RO膜でろ過すると、ウイルスや雑菌はもちろんのこと、ダイオキシンやトリハロメタンなども取り除いてくれるから、純粋にとても近い水になる。

これだけを聞くと天然水よりもRO水の方がとてもきれいでいいイメージを持ってしまいがちだけど、RO膜は不純物と一緒にミネラル分まで取り除いてしまう。

RO膜でろ過された水はそのまま売られていたり、ミネラルを加えて販売される場合もあるみたい。

どちらがいいとは一概には言えないけど、とにかく安全な水をと思うならRO水を、天然のミネラル分が欲しいなら天然水を選ぶといいかもね。

コラム

前の記事 | 次の記事

関連記事
FX業者