ウォーターサーバー

トップ > コラム > 軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違いで一番わかり易いのは、軟水か硬水かの判断をつける基準になる硬度だね。

水に含まれているマグネシウムやカルシウムのようなミネラルの量が多くなるほど硬水だといわれてる。

ミネラルが多いんだから、硬水の方がいいだろうと思いがちだけど、一概にそうとは言えないみたい。

軟水と硬水のだいたいの目安は、硬度が40以下をきわめて軟水、40~80は軟水、80~120はやや軟水、120~180はやや硬水、180~300は硬水、300以上をきわめて硬水という。

ちなみに日本の一般的な水道水は、硬度80以下の軟水が使われているみたい。

飲んでみた違いは、硬水だとマグネシウムやカルシウムの含有量がある程度までなら美味しく感じるけど、一定量を超えてしまうとハッキリとした味があるわけではないのに不味く感じることが多いかな。

舌触りが悪かったり、飲み込みにくくなったりするみたい。

硬水は、このレベルになると下痢や肌荒れの症状が出たりして、普段使うには適さない水だといえる。といっても悪いことばかりではないから、用途によって軟水と硬水を上手に使い分けるといいね。

お店で売られているミネラルウォーターは、ラベルの成分表示を見れば産地や含まれるミネラル、それにペーハー(PH)が表示してある。このペーハーが硬度のことだから、表示を見て自分好みの水を選ぶといいよ。

軟水と硬水の違いで一番わかり易いのは、軟水か硬水かの判断をつける基準になる硬度だね。

水に含まれているマグネシウムやカルシウムのようなミネラルの量が多くなるほど硬水だといわれてるよ。

ミネラルが多いんだから、硬水の方がいいだろうと思いがちだけど、一概にそうとは言えないみたい。

軟水と硬水のだいたいの目安は

硬度が40以下をきわめて軟水
40~80は軟水
80~120はやや軟水
120~180はやや硬水
180~300は硬水
300以上をきわめて硬水という。

ちなみに日本の一般的な水道水は、硬度80以下の軟水が使われているんだよ。

飲んでみた違いは、硬水だとマグネシウムやカルシウムの含有量がある程度までなら美味しく感じるけど、一定量を超えてしまうとハッキリとした味があるわけではないのに、不味く感じることが多い。

舌触りが悪かったり、飲み込みにくくなったりするみたい。

硬水は、このレベルになると下痢や肌荒れの症状が出たりして、普段使うには適さない水だといえる。

といっても悪いことばかりではないから、用途によって軟水と硬水を上手に使い分けるといいね。

お店で売られているミネラルウォーターは、ラベルの成分表示を見れば産地や含まれるミネラル、それにペーハー(PH)が表示してるので、このペーハーが硬度のことだから、表示を見て自分好みの水を選ぶといいね。

コラム

前の記事 | 次の記事

関連記事
FX業者